糸引分団 ホームページへようこそ! 当ホームページでは、糸引分団の活動の様子や町民の皆様に役立つ情報を紹介しています。


消防ポンプの運用について

◆ 圧力設定って難しい?!

  • ポンプの圧力を設定するには、下図のような圧力を考える必要があります。


ノズル圧力 (Pn)
筒先ノズルから放水される時の圧力。

ホースの損失圧力 (Fl)
ホースを流れる流体どうしの摩擦、また流体と管壁との摩擦のために圧力
エネルギーが熱エネルギーに変化して、圧力減少として現れます。

高さ(背圧) (H)
高さによる損失圧力。

  • 機関員から筒先が見えていれば、ある程度感覚でスロットル操作することも可能ですが、部署する位置や地形によっては全く見えない場合もあるので、予備知識無しに操作は出来ません。
  • 消防士は「送水基準板」という ホースの放水量に対する損失圧力とノズル圧力をまとめたグラフ を利用しているそうですが、これが中々読みづらく、計算するのも嫌になってしまいます。(最新車種に搭載されているポンプの操作パネルには、放水量、反動力の他、送水圧力の上限… etc.も設定出来るので「送水基準板」は必要ない? のかも…)LinkIcon株式会社モリタ eモニタ

  • そこで、入団して日が浅い団員でも簡単にシミュレーションが出来るページを作ってみました。

  • 現場で取る代表的な放水体形ごとに、条件さえ入力してやれば、筒先ノズル圧力筒先反動力、水利元および中継車両の送水圧力放水量を求めることが出来ます。

↑↑↑ 上の画像をクリックして下さい! ↑↑↑

  • 如何でしょうか?
  • 難しい「水力学」や「ポンプの構造」… etc. の所謂お勉強の項目はすっ飛ばしています。取り敢えず現場で必要な項目の 理論値が求められます。
  • 尚、実際の現場では、ホースの折れや破損による損失、消火栓圧力の変動など、予期せぬ要素が加わります。実際の数値と異なることも十分考えられますので、過信しないようくれぐれもご注意願います。
  • スマホやタブレット端末でも見ることが出来るので、現場での活用も可能ですが、実際現場でスマホを操作している余裕はありません。 したがって、万が一に備えての机上でのシミュレーションに活用してもらいたいと思います。

  • 簡易的な計算方法 として、下記の数値を覚えておけば、おおよそ適切なポンプ圧は設定出来るので、頭の隅に置いといて下さい。

※上記計算結果は、筒先ノズル口径φ21mmの場合です。  

※上記計算結果は、筒先ノズル口径φ21mmの場合です。  

























糸引校区 防災マップ

避難所はもちろん、危険箇所、AED設置所、こども110番の家など見たい項目を選択して表示出来るようになっていますので、消防団員だけでなく、一般住民の方も利用出来ます。

分団員へ ~ 消火栓、消火栓BOX、防火水槽の位置情報は、有事の際にも慌てることなく、速やかに行動出来るよう、日頃からの確認をお願いします。

このマップは完成ではありません! 危険情報は随時受け付けておりますので、情報がある方はLinkIconこちらのページ をご覧の上、専用フォームからお知らせ下さい。

LinkIcon 当マップに示した危険情報は、あくまでも一事例に過ぎません。 過去の災害だけを教訓にしないで下さい。

LinkIcon 消火栓上の駐車は厳禁です! ご協力の程、よろしくお願い致します。

避難場所

※ 災害時には気が動転して適切な判断ができない場合があります。日頃から確認しておきましょう!

inserted by FC2 system