糸引分団 ホームページへようこそ! 当ホームページでは、糸引分団の活動の様子や町民の皆様に役立つ情報を紹介しています。


◆ 操法とは?

  • 消防団員が消防ポンプ車及び小型消防ポンプの操作を通じて、有事に即応した消防技術の向上と、消防団員の士気の高揚を図ることを目的として、消防ポンプ車及び小型消防ポンプを使用し、採点基準に則した動作で標的を放水で倒す競技です。

  • 競技参加隊員を「規律、節度」、「敏しょう性」、「確実な動作」、「安全性」、「チームワーク」などの項目ごとに採点し、標的を放水で倒すまでのタイム得点との合計点で順位を争う大会です。
  • 姫路市の各大会で1位となった消防分団は、各消防団の代表として、神崎郡3町の各代表消防分団と、7月3日(日)に開催される中播磨地区消防操法大会へ出場します。


  • さらに中播磨地区消防操法大会を勝ち抜くと、兵庫県大会、全国大会へと続いていきます。

  • 全国大会は消防団員の甲子園と言われ、消防団員たちは甲子園を目指し、自身の仕事が終わってからなど日々訓練に取り組んでいます。

姫路市ホームページを参照させて頂きました。LinkIcon

◆ 飾磨消防団 消防操法大会 2016

  • 消防ポンプ車を使い、消火活動に必要な心、技、体の基本を競う姫路市飾磨消防団消防操法大会が 5月29日(日)、姫路港 第4岸壁野積場(飾磨区細江)で行われ、同消防団所属の7分団が日頃の訓練の成果を披露しました。

◆ 出場団員


出場隊員  支部
答礼者 鯉塚 分団長
指揮者 岸本 部長
1番員 唐木 団員 東山
2番員 楠田 団員 東山
3番員 岡田 団員 兼田
4番員 宮川 団員 奥山
吸管補助 塩澤 班長 東山

◆ 成績表

  • 出場団員、サポートして頂いた糸引分団各支部団員の皆さん、本当にお疲れ様でした。 そして、操法大会出場にご理解とご協力頂いた団員家族の皆さんに感謝致します。m(_ _)m
  • 右グラフは近年の成績の推移です。(2004年は優勝。2008年のデータがありません。他分団の方で記録されている方がいらっしゃいましたらここからLinkIcon連絡頂けると有り難いです。)
  • 次回は4年後 2020年! いろいろ思うところはありますが… 難しい… よりよい方向に進むようみんなで考えていきましょう。

◆ 総得点の推移

◆ 隊員審査得点の推移

◆ 計時審査得点の推移














inserted by FC2 system